| HOME | 美しの森社伝記 | 美社神字解 | 社伝記翻刻文 | 社伝記解説 | 古代文字便覧 |

大御食神社
概況
大御食神社のこと
美社神字録解
昔時年代記写真と県庁
への口上書
社伝記読下全文
阿智家の秘密
阿智家の秘密を解く
ホツマツタエを読む
先代旧事本紀を読む
古代文字
古代文字画像/日本
古代文字画像/世界
地 名 の 話
地名の話
伊那 / の地名
駒ヶ岳 / の名前
律令以前の伊那谷
律令時代の伊那谷
美女ヶ森 / の由来
赤須館:湯奉の沢
歴史 エピソード
信濃の古代製鉄
『日の丸』 の話
日本武尊と大国主尊
 

大御食神社社伝記
杉板に、古代文字(阿比留草文字)で書かれた社伝記です
社伝記 翻刻文
明治二年、落合直澄が解読し「美社神字」と名付けた。
社伝記解読書
落合直澄が解読した「美社神字」の読み下し文、全文です。
発売中
古代文字便覧
古代文字・神代文字の集成と、阿比留草文字の成り立ちを考察。
世界/日本各地に伝わる
古代文字の写真
日本各地に伝わる古代文字と、世界各地の古代文字遺跡の写真です。
阿比留草文字で書かれた
御札・護符
全国の神社には、お札や護符が伝わっています。しかし消えつつある。
新フォント
阿比留草文字
神代文字/阿比留草文字のフォントを資料に基づき標準化したものです。
大 御 食 神 社(おお み け じん じゃ)
古事記は1300年 大御食神社は1900年
この杜には 日本の原点が伝わっている。
ノンフィクション
美しの森物語
大御食神社の氏子の若者が、神社の歴史を探るノンフィクションの話。
例大祭 今昔
秋のお祭はに、氏子が悪魔払いの獅子をつれてお詣りをする。
社伝記解説


新規掲載
地名の話
社伝記から読む、伊那谷の地名や、古伝などから地名を考察。
古史古伝
古史古伝とは何か?
偽書とは何か?
では、社伝記とは?
社伝記上 下
杉板に
あひる草文字で書かれた
美しの森社伝記
神々に連なる
社家の系譜
吾道家(天思兼尊)の起こりと、それに連なる赤須彦(社家)の系譜。
伊那の祖天思兼尊/阿智彦
阿智家の秘密を解く
「先代旧事本紀 大成経」などから、吾道家の存在が明らかになる。
 
 
伊那谷は文化果つる地と言った人がいます。 ところが一歩踏み入れるとそこには古代から連綿と続く歴史が根付いているのです。 
文化は歴史の上に花咲きます。日本の古代の歴史を再発見しようとサイトを立ち上げました。
信濃國 伊那郷里 在
椒棲庵 伴崎史郎


トップへ
   

当HP内の記事写真等の
転載・引用は、フリーです。
 

  (引用元を ご明示ください)
by 椒棲庵 史郎