伊那の谷から古代が見える              
 古代 信濃では、『 みすず = カッ鉄鉱 』 から 鉄が造られていた。 

信濃では、縄文中期から 製鉄が行われていた。

【南宮の本山は信濃国とぞ承る さぞ申す 美濃国には中の宮 伊賀国には稚き児の宮  (梁塵秘抄・262)】

蓼科・更級(科)・明科・豊科・埴科など、信州には「 ・・・ シナ」の土地名が多く残る。
科を特有の地形・地勢と見る説が有力で、司馬遼太郎氏もこの地形説を支持している。
だが、シナには 鉄の意味も あるという。
真弓常忠氏によれば、鉄を意味する多くの古語について次の五つの語群に分けられる。
(1) テツ・タタラ・タタール・韃靼  (2) サヒ・サビ・サム・ソホ・ソブ
(3) サナ・サヌ・サニ・シノ・シナ  (4) ニフ・ニブ・ニビ・ネウ 
(5) ヒシ・ヘシ・ベシ・ペシ

豊前の 「犀川」 「佐比川」 には (2)サヒ音=古代産鉄の可能性があり、また「犀川」は、加賀にも信濃にもあり「犀」は産鉄の可能性を示す「サヒ」ではないか? と指摘する。
また、信濃の国にかかる枕詞は 「ミスズカル」 であるが、ミスズと シナの関連を、真弓氏は 「古代の鉄と神々」のなかで、
『ミスズは 「御鈴」 であり、鈴は 「鈴石・鳴石」 などと呼ばれ,水辺の 禾本(カホン)植物の根に形成された褐鉄鉱団塊(高師小僧とも言う)のことだと考える。』 と説明する。  
この鈴は古代製鉄の原料となったもので、氏は沼沢から禾科植物を抜き取り鈴石を採取することが、ミスズカルということばで表されていると指摘する。 
( 落合直澄は、古代文字の解読時に、『 美鈴刈る 』 と記している )

古代縄文鉄の原料であるカッ鉄鉱(高師小僧)


これは現代の、鋳物用小型のキューポラです。

円筒埴輪・朝顔型埴輪は、古代のキューポラです。
カッ鉄鉱を円筒埴輪の中で熱し、焼結をおこない 縄文鉄を造った。

百瀬高子氏は 著書 「御柱祭・火と鉄と神と」 の中で、信濃では 縄文中期から 製鉄があったという。
その製鉄材料は、葦や芳の根に 鈴状に付着した カッ鉄鉱(高師小僧)で、その融解温度は 400度から始まるが、諏訪地方は 縄文土器の産地であり、その焼成温度は 800度を 4時間以上必要としたから、製鉄に必要な 諸条件は 十分満たしているというのだ。
そしてまた 縄文中期の 円筒埴輪や 朝顔型埴輪が、明治初期の キューポラ(鋳物炉)に 酷似している事実を 指摘して、製鉄が行われていた証明に ほかならない と しいる。
そして、諏訪大社に伝わる、薙鎌は(火を起こす)風の神であり、鉄鐸は、褐鉄鉱団塊 (高師小僧)の象徴であると。。。  この説は かなり 説得力がある。
だから 『 南宮の本山は 信濃国とぞ 承る・・・・ 』 とは 真実みがあり、まさに十二世紀頃までは、諏訪の 縄文中期からあった 製鉄の伝承 語られていたのである。 
しかしカッ鉄鉱からの縄文鉄は不純物が多く、強度に難があり、その後の青銅器の弥生文化に破れたのだ。
そして今では 弥生以前の 高師小僧・カッ鉄鉱からの縄文製鉄技術は、砂鉄・磁鉄鉱からの製鉄技術・製品に押され、やがて忘れ去られた。
列島の原住民である縄文人は、未開(文化がない)人とされているが、事実と反する。
【 みすずかる信濃の真弓わが引かば 貴人(ウマヒト) さびて いなと言はむかも (万葉集巻2・96) 】 
弓−とりわけ 鉄鏃(矢じり)を考える時、結びつくのでは? と思う。
後段のサビが (2) の鉄音に懸るとすれば、なかなかおもしろいと言える。


伊那谷で古代製法の実験が行われました。
その時の記録が、発表されていますので、紹介します。
( 羽場睦美 1992 「 『鬼板』 製鉄実験の成功とその後 」 伊那 02号 )


  

1991年11月 3日 長野県落合村で、原料は下條村産の鬼板51kg。 選鉱しない鬼板を焙焼し、2〜3cmに粉砕して炉に投入した。 操業時間約10時間。 
結果、炭素量の高い鉄分を含めた鉄塊系生成物、約8kが炉内に生成され、うち推定6kgの品位の高い鉄塊を得た。
これにより、カッ鉄鉱の鬼板が日本の近世以前の技術によって精錬可能な資源であることは、ほぼ間違いないだろう。

一方 『御柱祭・火と鉄と神と』の著者、百瀬高子氏は自身の製鉄実験結果を記している。
カッ鉄鉱の粉末と炭を 45cm高の土器で、6時間の送風加熱をした結果、半溶解の多数の鉄滓の中に大豆ほどの鉄粒が出来たと している。  
この時の推定温度を約400度と記している。
古伝の3日3晩の作業であれば、どれほど出来たであろうか?とも著書で述べている。

by 史郎