伊那の谷から古代が見える
 大御食神社の氏子の若者が、神社の歴史を探る話です。



     
| 目次 | 1 衆/2 扉/3 視/4 秘5 家/6 企/7 師/8 字 9 倭/10夷/11 祭/12 書

目 次
( 街の衆の祭り準備 )
( 神社と都人と・・ )
( 不思議な透視のはなし )
( 宝物に隠された・・ )
( 千数百年続く社家 )
( 若者等の抵抗 @ )
( 伊那谷の古代を読み解く @ )
( 神代文字の真実 )
( 日本の古代を読み解く )
10 ( 伊那谷の古代を読み解く A )
11 ( 若者等の抵抗 A )
12 ( 西行法師の書 )



主な人物

博 司

昭 夫

綾 子


ひ ろ こ

下 沢 さん


中 谷 先生
  

主人公 調律師をめざす町の若者

博司の幼友達 町の若者

隣町の神官の娘 ピアノ教室の先生 
博司の片思いの人

物が視える人 博司の友達の恋人

町の古老 大御食神社の世話役だった 
事情をよく知った人

博司の恩師 郷土史研究家

by 史郎