| HOME | 美しの森社伝記 | 美社神字解 | 社伝記翻刻文 | 古代文字便覧 |
  地名は第一級の歴史資料 
| 地名の話 | 日本武尊ゆかりの地名美女ヶ森の地名 AD100頃の地名律令制での地名伊那の地名駒ヶ岳の地名



地名の話

古来 地名は、第一級の歴史資料
奈良時代に編纂された『古事記』『日本書紀』『風土記』に記されたように、古くから「地名の起源」探索は関心を寄せられてきた。しかし地名の普遍的な語源解釈法と、いつごろ命名されたかの特定は、いまだ未解明のままになっている。言葉の「生きた化石」といわれる地名の探求は、古代語の研究とおなじ意味になるので、言葉と地名を同一次元であつかう姿勢が大切である。

地名の変化が起きた要因は、政治的なもの
言語学と考古学からは、縄文から弥生への移行にも文化の連続性が認められるという。
だから、言語構造(基本文法、基本動詞など)は変化しなかったと推定されている。
弥生時代以降の帰化人の流入、とりわけ百済滅亡(660)以後の数十万人にのぼる大量流入では、漢語の表現 『和語+漢語=日本語』 が確立されたが、ここでも言語の基本構造は継承されたと考えられている。
それゆえにこの和語の連続性が、地名を考えるうえでは重要だ。
漢字が導入された古墳時代前期(弥生後期)以降は、人名、地名などの固有名詞に一音一字の文字をあて、「臣(おみ)、大王(おほきみ)、宮(みや)」の普通名詞には字訓の漢字をあてる、万葉仮名の形態が採用された。

多大な影響を残した 『 好字二字化令 』
その後、この地名表記を大幅に変化させたのは、律令制の規範とした唐にならって、「国、郡、郷」 名には二文字の漢字をあてる法令、いわゆる 『好字二字化令(713)』 の公布であった。
この法令は、風土記作成の詔勅に含まれた 「(こほり)(さと)」 名に対するものであったが、国名は
   (やまと)大倭(おほやまと) → 大和(やまと)
   紀 → 紀伊()
など、『飛鳥浄御原律令(689)』前後に 二字化されていた史実も知られる。
地名の二文字化は、土地台帳や戸籍の作成には有用であったが、
   泉 → 和泉(いずみ)
のような発声しない文字の追加や、
   上 毛 野(かむっけぬ) → 上野(かむつけ)
   近 淡 海(ちかっあふみ) → 近江(あふみ)
   筑紫(つくしの)(みちの)(くち) → 筑前(ちくぜん)
などの省略形を大量に生みだした。
このような難読地名、いや、絶対よめない表記は現代まで残されている。
奈良県桜井市金屋(旧名の城島)
   城島(しきしま) は、() () (しま) の省略二字化
初瀬川対岸に隣接する、桜井市外山
   外山(とび) は、原形は ()美山(びやま) 外見(とみ) (やま)

歴史をふり返ると、地名はおもに国策によって変化した史実が浮かびあがる。


       日本武尊が 湯浴み した、『 湯ぶの沢 』

        宮簀姫 が居た場所にちなんだ、『 美女ヶ森 』

        AD100年頃 の、伊那谷の地名
        律令制度の頃の、伊那谷の地名
        『 伊那 』 の地名の起源
        『 駒ヶ岳 』 の地名の話
伊那谷は文化果つる地と言った人がいます。 ところが一歩踏み入れるとそこには古代から連綿と続く歴史が根付いているのです。 
文化は歴史の上に花咲きます。日本の古代の歴史を再発見しようとサイトを立ち上げました。
信濃國 伊那郷里 在
椒棲庵 伴崎史郎












トップへ
   

当HP内の記事写真等の
転載・引用は、フリーです。
 

  (引用元を ご明示ください)
by 椒棲庵 史郎