| HOME | 美しの森社伝記 | 美社神字解 | 社伝記翻刻文 | 古代文字便覧 |
  地名は第一級の歴史資料
地名の話 | 日本武尊ゆかりの地名 | 美女ヶ森の地名AD100頃の地名律令制での地名伊那の地名駒ヶ岳の地名


地名の話
日本武尊が湯浴みをされた 「 字 湯ぶの沢 」

大御食神社と赤須彦の館があった場所の間に、「湯奉の沢」という地名が残っている。
慶安二年(1649)の御検地帳にあることから、古くから伝わっていたことは間違いなく、史実と一致する。
神社伝承や地名は、第一級の史料であるが、残念ながら戦後教育の中で蓋をされてきている。


赤穂の地名
 駒ヶ根市 赤穂 ( 小町谷 及び 市場割 )
 土地台帳  慶安二年(1649)
 御検地帳 
 宛 字  よび名  地 番 
 湯部沢  ゆぶさわ  11027
 11029
 ゆぶの沢
 湯ぶの沢  ゆぶのさわ  10359
 10361
 ゆふの沢
 湯部沢   ゆぶのさわ   11814
 11839
 ゆふの沢  
 湯ブ沢   ゆぶさわ  11850
 11851


伊那谷は文化果つる地と言った人がいます。 ところが一歩踏み入れるとそこには古代から連綿と続く歴史が根付いているのです。 
文化は歴史の上に花咲きます。日本の古代の歴史を再発見しようとサイトを立ち上げました。
信濃國 伊那郷里 在
椒棲庵 伴崎史郎












トップへ
   

当HP内の記事写真等の
転載・引用は、フリーです。
 

  (引用元を ご明示ください)
by 椒棲庵 史郎