| HOME | 美しの森社伝記 | 美社神字解 | 社伝記翻刻文 | 古代文字便覧 |
  地名は第一級の歴史資料 
地名の話 日本武尊ゆかりの地名美女ヶ森の地名 | AD100頃の地名 | 律令制での地名伊那の地名駒ヶ岳の地名


地名の話
律令以前(1~2世紀)の伊那谷の地名

律令以前(1~2世紀)の伊那谷の地名を、社伝記から拾い出してみる。
当時の赤須彦は、赤須ノ里の長であり、この国(おそらく阿智~山本)の 魁師(ひとこのかみ)であった。

小出の里、宮田の里、赤須の里、上穂の里、中沢の里、石曽根の里、片桐の里、与田切の里、大草の里、市田の里、飯沼の里、知久の里、育良の里、それに 阿志島の里、と 合わせて十四の里が あったことが読み取れる。
また、雄朝津間稚子宿禰(おあさつまわかこすくね)ノ尊 [允恭天皇] の御代、五年(416)の項に こうある。

「うち集いし里々 三十二(みそしあまりふた)里の里人なり。」
すなわち、大小 三十二の里があったことが分かる。

 
伊那谷は文化果つる地と言った人がいます。 ところが一歩踏み入れるとそこには古代から連綿と続く歴史が根付いているのです。 
文化は歴史の上に花咲きます。日本の古代の歴史を再発見しようとサイトを立ち上げました。
信濃國 伊那郷里 在
椒棲庵 伴崎史郎

トップへ
   

当HP内の記事写真等の
転載・引用は、フリーです。
 

  (引用元を ご明示ください)
by 椒棲庵 史郎