| HOME | 美しの森社伝記 | 美社神字解 | 社伝記翻刻文 | 古代文字便覧 |
  地名は第一級の歴史資料 
地名の話日本武尊ゆかりの地名 美女ヶ森の地名AD100頃の地名 | 律令制での地名 | 伊那の地名駒ヶ岳の地名


地名の話


律令時代(10世紀)の伊那谷の地名

信濃國は、十郡五十七郷あり、うち伊那郡は五郷あった。

倭名類聚鈔 [承平年間(931年 - 938年)、後醍醐天皇第四皇女勤子内親王の嘱により、源順(みなもとのしたごう)が編纂した古辞書]によると、奈良時代の 伊那谷の郡と郷名は、以下の通りである。

倭名類聚鈔 高山寺本
    信濃郷第九十一
      伊那
        伴野、 小村、 麻積、 福知

   同  流布本
    信濃郷第九十一
      伊那
        輔衆、 伴野、 麻積、福知 、 小村


さて、これらの地域はどこに比定されるのか?
伴野、麻積、福知、は、おおよそ現在の地名から推定できているが、輔衆と小村は諸説がある。

【 輔衆 】
「信濃地名考」の著者、吉沢考兼は、輔衆について次のように記している。
按に輔衆はフモロ音通はしてホムラなれば今の上穂の郷なるべし、 -略-
穂村として上の字略くべきよやうなし、云々 -略-


また、伊那記によると、
「下平同嶋貳ヶ村共に上穂村之枝村也」とあり、上輔衆村或は上穂村、下輔衆村、或いは下穂と称した時があったのではなかろうか?
とある。

しかし社傳記によると、『わぶのさと』 は、律令制以前 既に存在した。
和語に音読みの漢字が当てられ、それをまた違った音で読み替えた結果、曲解された見解となった。
地名は、漢字が入る前から存在したのである。

社傳記で、
平安時代前期文徳天皇(850 -858)の御代のこととして、
「育良(いから)ノ里人三十七人」
と、最大の勢力があった伊賀良の地域の名と思われる徴がない。
私は、伊賀良以南が輔衆であったのではないかと推定する。

【 小村 】
また、小村については、伊那の室町、小黒川などから、この辺とする説があるが、いわゆる田切(たきれ)が続く地域、すなわち片桐以北~小沢側ではないかと思う。

ただし、これらの地名はあくまでも時の権力者が付けた呼び名で、地域でどう呼ばれていたかは定かでない。
おそらく、以前からの里名で呼ばれていたに違いない。
そしてそれらの呼び名は、現代にも連綿と伝わっているのである。
 郡名  郷名  郷 域  郷央 備 考 
 伊那  福地  天竜東  三峰川域  福島  仲仙寺
 小村  天竜西  片桐松川 ~ 小黒川  上穂  光前寺 
 麻績  天竜西  松川  ~ 片桐松川  松川  瑠璃寺
 伴野  天竜東       ~ 小渋川  阿島  
 輔衆  天竜西    冨草  長岳寺
【参考】

表の備考欄の寺名は、みな天台宗であり、藤原氏の影響下にあった。
やがて、この事が伊那谷に大きな変化を及ぼした。(別項)

諏訪郡
  高山寺本 :  土武、 佐補、 美和、 桑原、 山鹿、 返良 
  流布本   :  神戸

天竜川の古名は 麁玉河

伊那谷は文化果つる地と言った人がいます。 ところが一歩踏み入れるとそこには古代から連綿と続く歴史が根付いているのです。 
文化は歴史の上に花咲きます。日本の古代の歴史を再発見しようとサイトを立ち上げました。
信濃國 伊那郷里 在
椒棲庵 伴崎史郎

トップへ
   

当HP内の記事写真等の
転載・引用は、フリーです。
 

  (引用元を ご明示ください)
by 椒棲庵 史郎