伊那の谷から古代が見える
 八意思兼尊(阿智彦)の 生い立ち 生涯が明らかになる。
古代史から消し去られた古代の六家の一つ、
阿智家の秘密を解く!
【 ホツマツタヱ 】
高皇産霊神の子であり、手力男神の父であるところの、八意思兼尊(やごころおもいかねのみこと)の生い立ちや生涯が、ホツマツタヱに記されている
子の手力男神は戸隠へ祀られて、やがて阿智の社家は 10世紀、村上天皇の御代に身を寄せるかのように全員戸隠に移ってしまった。
ホツマツタヱは、アズマツタヱであるとも言う。
しかし史実を裏付ける ホツマツタエ は、異端視されている。



ホツマツタヱを読む




先 代 旧 事 本 紀 大 成 経(せんだい く じ ほん ぎ たい せい きょう)

神 代 皇 代 大 成 経 序(かんみよ すめみよ の おほひなる つねのりの ついでぶみ)



一般に『先代旧事本紀』(略して『旧事紀』ともいう)と呼ばれているのは、聖徳太子撰 と伝えられる十巻の史書であり、その存在はすでに平安時代から知られていた。
また延宝七年刊の「先代旧事本紀大成経」は、神道を宗とする儒仏神三教調和思想のもと、神代からの世界の成り立ちと、天成、皇政の歴史、さらに人倫世界の日常の心得までもを記した、全七四巻の大著である。
長野采女、按察院光宥、広田担斎や、潮音同海らが係わったとされ、後に物議を醸す「先代旧事本紀 大成経」ではあるが、吾道家の存在が明らかになる。


先代旧事本紀大成経事件
延宝7年(1679)、江戸の書店で『先代旧事本紀大成経』(七十二巻本)と呼ばれる書物が発見された。
この大成経の内容が公開されると大きな話題となり、学者や神職、僧侶の間で広く読まれるようになった。
大成経の内容は伊勢神宮別宮の伊雑宮の神職が主張していた、伊雑宮が日神を祀る社であり内宮・外宮は星神・月神を祀るものであるという説を裏づけるようなものであることがわかり、内宮・外宮の神職がこの書の内容について幕府に詮議を求めた。
天和元年(1681)、幕府は大成経を偽書と断定し、江戸の版元「戸嶋惣兵衛」、書店にこの書物を持ち込んだ神道家・永野采女と僧 ・潮音道海、偽作を依頼したとされた伊雑宮の神職らを処罰した。


伊雑宮事件
この事件に先立つ20年前に、『伊雑宮事件』が起きていた。
伊雑宮の神人たちは所領回復のために明暦四年(1658)、「伊雑宮こそが日本最初の宮で、のちに内宮ができ、次いで外宮が鎮座したので、内宮、外宮は伊雑宮の分家である」という「伊勢三宮説」をであると主張し、再建願いを出した。
これをうけ、もともと十別宮のひとつである伊雑宮のことなど歯牙にもかけていなかった伊勢内宮としても、皇祖、天照大神鎮座社の地位を奪われかねない事態の発生を 看過してはいられなくなった。
元号は変わっても同じ年の万治元年(1658)、内宮はその上申書に添えられた証拠の神書を偽作と訴えて反撃に出た。
そして結局、朝廷によって、伊雑宮は内宮の別宮で、祭神は伊射波登美命と裁定された。
その結果として、寛文二年(1662)、幕府は伊雑宮を内宮別宮の一つとして再建することにした。
しかし、伊雑宮の神人たちにとってそれは承伏できないことであった。
四代将軍、家綱に直訴したところ、 寛文三年(1663)、神官四十七人の神人が偽書提出によって、伊勢・志摩からの追放処分の憂き目にあった。

大成経は、偽書と断定され今日まで来ているが、詰めていくと日本書紀の記述内容の論争に行き着く。 いわゆる宗旨の争いなのである。


上記の事件は、伊雑宮と伊勢神宮の権力闘争である。
大成経は、偽書と断定され今日まで来ているが、詰めていくと日本書紀の記述内容の論争に行き着く。 いわゆる宗旨の争いなのである。
はたして江戸時代の創作であるのか? 否である。 
大御食神社の社伝記と同じく、時の体制(既得権益者)にそぐわないものは排除されるという法則は、世の常であるが、しかしそれを偽と決めつけることは、正しくない。
徳川幕府により偽書とされた先代旧事本紀大成経は、まさに体制(既得権益者)にとってそぐわないものであったのである。




「神代皇代大成経序」から何が読み取れるのか?

神代皇代大成経序には、「吾道・物部・忌部・占部・出雲・三輪の 六家の、祖先人のことを記した 家蔵の記録を集めさせ、云々・・」 とあることから、吾道家なるものが存在したことは間違いない。
別記記載 【ホツマツタエ】 には、阿智彦(思兼の尊)の存在が語られ、神代皇代大成経序では 吾道家の存在が明らかになっている。
しかしなぜ、正史からは 神代皇代大成経が偽書とされ、吾道家の存在が消されたのか?

例えば 大きなくくりの中の日本神道で、礼拝の方法(拍手の数など)で違いがあるのは、上古代に派が別れ、それぞれ統一されずに流儀を確立していった、と考えられる。

また、やはり古代文字で書かれた竹内文書などに記された、天神7代、上古25代、鵜草葺不合朝73代の天皇家の存在は、神武以降の天皇家を戴く勢力には、とても容認できることではなかった。
なぜなら、枝分かれした後継者らが それぞれの大義(正統性)を掲げて 権力継承を主張したら、内乱になったであろう。
それが、記紀を作成した理由に外ならない。
・・・・・ この事については、項を改める。

先代旧事本紀大成経をよむ




 吾道彦(思兼尊)の末裔・阿智神社社家が、
       戸隠神社へ移遷した理由は何か?


10世紀 村上天皇の御代、吾道家の社家は戸隠神社へ移遷してしまう。 
伊那谷に何があったのか? 中世日本の歴史が見えてくる。
神代皇代大成経事件が、神武朝の正統性を賭けたものだとすれば、阿智神社社家の戸隠移遷は、次なる支配者・藤原朝の覇権の影響にほかならない。

この項、つづく
 

by 史郎