伊那の谷から古代が見える
 阿智彦(思兼尊)の 生い立ちが記された 【 ほつま伝え 】


ホツマツタエ 天の巻  1アヤ
ワカ姫の恋、和歌(ワカ)初め

 イサナミの父 トヨケ(伊勢外宮祭神・豊受大神)は、天神六代目のオモタルと カシコネの 両神(フタカミ)に 世嗣(よつぎ)の皇子(みこ)が無いのを 大変 心配しておりました。
 この神々は 八洲(やしま)を くまなく巡って 新田開発を 進め、民の暮らしを 豊かにし 国の統一を 計りました。 しかし嗣子(つぎこ)に 恵まれないばっかりに、両神 亡き後、国は 再び千々に乱れて 民は 土地を離れて さまよい、物乞や 盗みが 横行して 巷には 餓死者が あふれていました。 良き 君を失った 民の心に 暗雲が たちこめ、皆病に苦しんで いました。
 事ここに極まった時、トヨケは 一大決心をします。 自分の娘の イサコを、先祖の遠戚に当たる タカヒトと 結婚させ 七代目の皇位を 嗣がせることに します。
 本家筋の トヨケの願いとはいえ、イサコは ヒタカミの国(旧、陸奥)で育ち、タカヒトは ネの国(北陸)の出身です。若い二人とはいえ、言葉や習慣の違いを乗り越えるのには 時が必要で なかなか 同意しませんでした。 二人の仲を 最初に取り持ったのは ハヤタマノオですが、結果を急ぎすぎて 失敗に終わって しまいました。 次に仲人を買って出た コトサカノオは、じっくりと 事の大切さを解いて 聞かせた 甲斐あって、やっと 橋渡しに 成功して 二人は一緒になることに 同意しました。
 イサコの 慣れ住んだ 仙台地方と、タカヒトの育った 金沢から お互いに歩み寄った ツクバに 二人のために 新しい宮を 建てることに なりました。 この宮は イサ川(現・桜川)から 少し離れた 台地に 造られたので、イサ宮の離宮と 呼ばれました。
 新築なった イサ宮で タカヒトと イサコは、お互い 心を開いて うなずき合い、生涯一緒に 国の再建に 身を尽くすことを 誓い 合いました。 この日以来 タカヒトは イサナギを名乗り、イサコは イサナミを 名乗って 七代目の天神となりました。
 イサナギと イサナミが ツクバのイサ宮で 新婚生活に入った時の ことです。
 コトサカノオが お二人に なんとか 打ち解けてもらいたいと 考え、床入りの ササ神酒(みき)を お進めしました。先ず 男神が 女神に進めて、女神が先に呑んだ後 男神に進めて呑みました。 この後 男神が 女神の体調を尋ねると、イサナミが答えて、「私には 備わっていますが、何かが足りない 女陰(メモト)というものが ございます」
 イサナギも答えて、「実は私には 余りある物があります。 お互いを和合(アワ)させて 子供を産みましょう」 と言って 二人は床入りし、情熱のおもむくままに 交わって子供を孕(はら)み、誕生した女の子の名前は、昼に生まれたので ヒルコ と 名付けました。
 しかしながら ヒルコが 生まれた年は、父 イサナギ40歳、母イサナミは31歳で、2年後には 男42歳、女33歳の天の節で 大厄に当たります。 運悪く この節目に 悪霊(あくりょう)が 宿れば、女の子は 父の汚(けが)れに 当たり、男の子は母の災いと なると いいます。
 ヒルコは両神の慈しみを 一身に受けて 育てられ、まだ三年にも満たないと いうのに、親の元から引き離されて岩樟船(イワクスフネ)に乗せ 捨てられました。 下流で カナサキ(住吉神)が拾い上げて、妻の エシナズの 乳を得て 何不自由なく 我が子同様に 育てられました。
 実は この時、妻エシナズは 不幸にも 我が子を 失ったばかりでしたので、それはもう 我が子に再開したような 喜び様でした。
 カナサキは いつも優しい 潮の目で ヒルコを目守ってやり、「アワウワヤ」と 手拍(てうち)をして あやしていました。ヒルコの 誕生日には 炊きごはんを 神様に供え、初めて食事の とり方を教えて、立居振舞も 手を取って 習わせました。
 三年目の冬には 髪置(かみおき)と言って、幼児が初めて髪を伸ばす儀式も 済ませました。 新年元旦は 餅をつき 天神地神に供えてから、親族が集まって 新年を祝いました。 三月三日の 桃の節句には 雛祭をして遊び、五月五日は 菖蒲(あやめ)を飾って 粽(ちまき)を食べました。 七月七日は 七夕(たなばた)祭で、九月九日は 菊の花と 栗を供える お祭です。
 五年目の冬には 男子は 初めて袴(はかま)をはいて、女子は被衣(かずき)を 着ます。又 5歳からは 常にアワ歌を教えて 言葉を 正します。

  カハナマ   イキヒニミウク
  フヌムエケ  ヘネメオコホノ
  モトロソヨ   ヲテレセエツル
  スユンチリ  シヰタラサヤワ

 この様な 年中行事を経た ヒルコ姫は、今では 美しい乙女に 成長しました。 厄も きれいに 川の水に 流された今、再び両親の元に 呼び戻されて、兄の 天照神の 妹(イロト)として復活し、ヒルコの名も ワカヒルメ と 変わりました。
 先に イサナギ、イサナミは ツクシ(筑紫)に行き、ツキヨミ(月読)を 産み 育てました。 ツキヨミは 日の光を受けて 輝く月 と して、兄天照の 政務を助けるように と、後に 宮中に上がりました。 その後 両神は、ここ ソサ(現・熊野)に来(キ)たりて 宮殿を建造して 静(シ)かに居(イ)ましたので、この地方を キシイ国(紀州)と 言いました。
 ここでも イサナギは、クニトコタチ(国常立)の 常世(とこよ)の花である 橘樹(たちばな)を植えて 国造りをして トコヨ里と呼びました。 先に捨てられた ヒルコ姫も、今は 母とともに 睦まじく生活(くら)しました。
頃は春、花の下(もと)で 歌を教えてもらっている最中に 母が出産し、男の子を産んだので 名前を ハナキネと 付けました。 成長して後の ソサノオ(須佐之男)です。
 ここ ソサ(熊野)で成長した ハナキネは、母譲りの 美貌と歌の才に恵まれた 姉に、歌について 質問をしました。
 「和歌は なぜ 五・七調に綴るのですか」 姉は、「それは 天地(アワ)の節(ふし)です」 と 答え、又 ハナキネが 問うて、「それでは 何故、祓(はら)いの歌は 三十二文字で、一般には三十一文字 なのですか」 すると姉は、「和歌の 三十一文字は大変理にかなっていて、天を巡る この地球(クニタマ)の 公転(メグリ)は 一年を 三百六十五日で回ります。 この一年を 四季に分け、又、上旬、中旬、下旬に分けると、約三十一となりますが、月の方は 少し遅くて 三十足らずです。 しかし 真(まこと)は三十一日です。五月から八月の間は 約三十一日強となり、後が 先に掛かるので 三十二日にもなります。 この変則の間(ま)を 窺(うかが)う 汚(けが)れや、災いを 祓う歌の数が 三十二です。
 美しく 四季られた敷島(しきしま)の上に 人として生を受けた 私達は、男子は 三十一日目に 産土神(うぶすな)にお礼参りをし、女子は三十二日目にお礼参りをするのも、この地の恵みに 感謝するためです。 これにより 敷島を 和歌の道 と 言います」
 その後、時移り アマテル神(天照神)が イサワの宮(伊雑宮)に坐して 政治(まつり)を 執っておられる時の事です。
 キシイ(紀州)の国から 矢継早に 伝令が飛びきたり、「キシイの 稲田(いなだ)に ホオムシが 大量発生して、稲が 大被害を受けました。 一刻も早く オオン神(天照神)の 御幸(みゆき)を お願いして、稲虫祓いを してください」と 繰り返し 願い出ました。
 運悪く その時 オオン神は、トヨケの神の亡き後を継いで アメノマナイ(真奈井)に 御幸(みゆき)後の事でした。民の嘆きを聞いた ムカツ姫(中宮・セオリツ姫ホノコ)は、何とかして 民の嘆きに答えたい一心から、とりあえず ワカ姫共々 現地に馳せ参じて、行動を 開始しました。
 ワカ姫は 先ず、田の東に立って オシ草(玄人)を片手に持ち、もう一方の手に 持つ 桧扇(ひおうぎ)で 扇ぎたてて、即興の歌を詠みながら ホオムシを 祓いました。 すると 虫が飛び去ったのを見たムカツ姫は、三十人の姫達を 二手(ふたて)に分けて 田の左右に 佇(たたずま)せて、皆一緒にワカ姫の作った 稲虫祓いの和歌の 呪(まじない)を 歌わせました。
 くりかえし、繰り返しして 三百六十回歌い続けて、最後に オシ草と 桧扇(ひおうぎ)を 皆が一斉に どよませ 大声を上げれば、虫はザラッと 一気に 西の海の彼方へと 飛び去り、稲田は 元の様に 鎮(しず)まりました。
 これが 稲虫祓いの 和歌の 呪(まじない)です。

 稲種(タネ)・畑種(ハタネ) 大麦(ウム)・小麦(スキ)
 ・大触豆(サカメ)、 大豆(マメ)・小豆(スメラ)の 
 ゾロ(稲)葉(は)も 喰(は)めそ、 虫(むし)もみな鎮(し)む

 この ワカ姫の歌により 無事災いは 祓われて、再び稲は 元通りに 若やぎ、蘇(よみがえり)りました。
秋には ゾロゾロと 稲穂も揃って実り、暗い鳥羽玉(ぬばたま)の夜が明けます。 この秋、民百姓は 大豊作を迎え、豊かな糧(かて)を得て 喜び祝いました。 民の顔も 明るく晴れて、お二人への 返礼として 感謝の心をこめ アヒノマエ宮(天日前宮)と タマツ宮(玉津宮)を お造りいたしました。
 アヒノマエ宮は 中宮ムカツ姫のご滞在になられた宮で、タマツ宮は ワカ姫のために 捧げられた宮です。 後にムカツ姫は イサワノ宮にお帰りになられたので、アヒ宮を クニカケ(国衛)として残し、ムカツ姫の 御陰(みかげ)を 世々に 伝えました。 (現・国懸神社)
 ワカ姫の歌の御霊(みたま)を 留め置くのが タマツ宮です。
 枯れたる稲を 歌の力で 若返らせた心意気を残そうと、この国の名を 和歌の国と 名付けて今日まで伝えています。 善良で 気持ちの良い キシイの民は、ワカ姫を 心から歓迎して お仕えしました。 ワカ姫も又、民の心ばえに良く応えて、この美しい和 歌の浦に 一人留まり、民の心を和して 政(まつり)を執り 静かな時を過ごしました。


 そんな ある日のことです。 アマテル神のオシカ(勅使)として タマツ宮に遣(つか)わされたアチヒコ(阿智彦)に会ったとたん、ワカ姫は 恋焦(こいこが)れてしまい、苦しい 女の胸の思いに耐え兼ねて 和歌の歌を詠み、歌冊(ウタミ)に染めて 思わずアチヒコに進めてしまいました。 アチヒコも 何気なく つい手に取って見れば、

  キシイ(紀州)こそ 妻を身際(みぎわ)に 琴の音(ね)の
  床(とこ)に我君(わぎみ)を 待つぞ恋(こい)しき

「紀州に いらっしゃい。 私は貴方の妻になって いつも御身(おんみ)の近くで 琴を奏(かな)でて さしあげましょう。 寝床ではいつも 我君(わぎみ)を恋しい思いで お待ちしています」
 これを見たアチヒコは 突然の恋の告白に たじろいで、思えば 仲人(ハシカケ)もなしに どうして 愛を結ぶことが できようか。 と、何とか返歌せねば と 思えば 思うほど 焦りが先にたって ついに返せず、言葉(コトノハ)に詰まって、「待って下さい。後日 必ずお返しします」と言うや、その場を 何とかつくろって持ち帰り、宮中に走り至ると 諸臣(もろとみ)に相談しました。 何しろアマテル神の 美しい妹に 恋されたのでは、うれしいやら困ったやらで 戸惑いを隠せません。
 と、一部始終を聞いていた カナサキ(住吉神)が 静かに お話しを始めました。 「この歌は、受けたからには もう絶対絶命、返事(カエゴト)が できない 上から読んでも 下から読んでも グルグル巡りの 回文歌(マワリウタ)です。 私も アマテル神の 御幸(みゆき)のお供で 船に乗っていた時のこと、暴風が激しくて 波が高いのを 打ち返そうと 回文歌(マワリウタ)を詠み、

  ながき夜(よ)の 遠(とお)の眠(ねぶ)りの 皆目覚(みなめざ)め
  波乗(なみの)り船(ふね)の 音(おと)の良(よ)きかな

 と詠ったところ、やがて風が止んで 波は静かになり、船は心地よく アワ(阿波)の湊に着きました」 と 話されました。
 しかし それを聞いても、アチヒコの心は未だに 乱れて 落ち着きません。 「ワカ姫に返歌をしなければ。 愛に どう答えれば よいのでしょうか」 と、又聞けば、ここで アマテル神の詔がありました。 「今こそ、カナザキの船に乗り受けて 夫婦(メオ)となるなり」
 この後、アチヒコと ワカ姫は カナサキの船が 縁をとりもち、今はヤス川(野州・やす)辺に宮を造り、名もアマテル神の妹 シタテル姫となり 幸せに暮らしました。
 この頃、中宮の セオリツ姫は 伊勢のオシホイ(忍穂井)の耳(みみ・縁)に 産屋(うぶや)を造って 日嗣(ひつぎ)の皇子(みこ)を無事 出産されました。 オシホイに因(ちな)んで 真名(イミナ)を オシヒトとつけ、称名(タタエナ)を オシホミミと 聞こし召しました。 イサナギ存命中は タガ(多賀)の若宮で育てられましたが、いよいよイサナギ臨終の時に及び、君はオモイカネと ワカ姫に 養育を託されました。
 今は アメヤスガワ(天野州川)辺で、オモイカネと ヒルコ姫は 皇子(みこ)オシヒトを守り育てられながら、ネ(北陸)と サホコチタルクニ(山陰)を同時に治めて、伊勢(男女の絆)を結んで 夫婦協力し 政(まつり)を執っていました。 この時期に誕生した男子の真名(イミナ)を シズヒコと言い、称名(タタエナ)はタジカラオ(手力男)です。
 宮中では、日増しに激しさを増す ソサノオ(須佐之男)の乱暴狼藉に ホトホト手を焼いていました。 ソサノオは アマテル神の后の一人を 過失とはいえ 死亡させるという 取り返しのつかない罪を犯して、今度ばかりは 宮号(みやごう)も剥奪されて、下民(したたみ)として 宮中を追われて サスラオに身をやつし さまよい歩きました。
 さすらいの苦しい日々に いつも思い出すのは、唯一やさしかった姉の ワカ姫です。 せめて 一度だけ会いたいと の願いが やっと許され、ヤスカワ辺へと 向いました。
 ソサノオが ヤスカワの宮に 近ずくと大地は 踏み轟(とどろ)いて鳴り動き、驚いた姉のワカ姫は、最近のサスラオが 狂暴で危険なのを 以前から聞き知っていたので、宮の戸を固く閉ざして 中に入れませんでした。 「弟(オトト)の来るのは、良いことなど ありえない。 たぶん 父母が ソサノオに遺言した 任命(ヨサシ)の国、ネ(北陸)と サホコチタルクニ(山陰)を取ろうと 窺(うかが)いに 来たに 違いない」と、言い放ちました。
 この時の ソサノオの風体(ふうてい)は、揚巻(あげまき)をして 裳裾(もすそ)を束(つか)ね 袴(はかま)とし、大きな身体(からだ)に 五百個の玉を巻き付けて、腕には 千本入りの靫(ゆき)と 五百本入りの 靫(ゆき)を 両肘にくくり付け、弓弭(ゆはず)を ブンブンと振り回しながら、片手に剣を持って 突っ立っています。 ソサノオいわく、「何を恐れているのだ。 昔、遺言により ネ(北陸)に行けと あったではないか。 姉に目見(まみ)えてから 後に行こうと、遠路はるばる 会いに来たのだ。 疑わずに 善意を見せてくれ」と。 姉いわく、「真意(サゴコロ)は 何(なに)」ソサノオ答えて、「ネ(北陸)に着いた後に 子をつくり、もし女子(メ)ならば 我が身の汚(けが)れ、男子(オ)ならば潔白なり。 これ誓いなり」と 言い残して 立ち去りました。
 実はワカ姫には、弟ソサノオの仕業(しわざ)の真意を質(ただ)すべき 心のわだかまりがありました。 それはアマテル神の后の一人 コマス姫 ハヤコ と 弟との密通事件です。 姉が唯 一心を痛めるのは、この不祥事の後に ハヤコが産んだ、まだいたいけな 三人の女の子の行く末でした。 アマテル神は 后と弟の情事を知ってからも、この子達は 自分の宝であるとは言ったものの、結局はツクシ(九州)の ウサ(現・宇佐八幡)に 遠流(おんる)と決まりました。
 ハヤコと ハヤコの 姉 モチコ及び 三人の女児の 5人は、不承ながらも 中宮 ムカツ姫の説得を受け入れて ツクシに下りました。 しかし、中宮の決定を 怨んだ モチコと ハヤコは、三児を ウサに置き去りにしたまま 故郷に 逃げ帰ります。 そして弟 ソサノオの名を語って、「功をたてれば 国神(くにかみ)にとりたてよう」との 流言を流し、アマテル王朝への反乱を計り、この後 八年間に及ぶ 内乱の苦しみの淵へと 国中が呑み込まれて いきました。
 又ある日 ある時、クシキネ(大己貴)が諸国を巡って 農業指導をしている時のことです。災害で 食糧の乏しい村民の訴えに、つい誤って 獣の肉食を 許してしまいました。 と、天罰が当たり その年の秋、村の稲田に 稲虫が大量に 湧き出て 葉を食い荒らして しまいました。 驚いたクシキネは シタテル姫の坐す ヤスカワに馳せ参じて、稲虫祓いの教え草を習い 覚えて 急ぎ帰り、オシ草(玄人)を持って 扇(あお)ぐと、やはり ホオムシは 去って稲は若やぎ よみがえりました。 その秋 豊作となったので、喜んだクシキネは、自分の娘の タカコ(高子)を シタテル姫の元に 奉りました。
 その報を聞いた アマクニタマ(天津国玉)も 感激のあまり、娘の オグラ姫(小倉姫)を これも捧げて 仕えさせました。 シタテル姫は 二若女(フタアオメ)を召して 八雲弾琴(ヤクモウチコト)の音(ね)を 二人に教えて 楽しみました。
 後に ワカ姫が日垂(ひた)る時(臨終)に、ヤクモ(八雲弾琴)と イススキ(五弦)と カダガキ(三弦琵琶)の奏法を タカ姫に免許皆伝し、タカテル姫の名前を 新たに賜わりました。 又和歌の奥義を記した クモクシ文(雲奇文)は、オグラ姫に捧げて、なおも 自分と同じ シタテル姫を襲名させ、神上(かみあ)がってから後に、和歌国(わかくに)の タマツシマ(玉津島)に祭られて トシノリ神(歳徳神)と称えられました。
 アマテル神は 自ら 日の輪(太陽)に お帰りになることを 決心され、諸臣、諸民を集めて、后(きさき)の ムカツ姫に 遺し法(のこしのり)を されました。
 「私の亡き後、ヒロタ(現・広田神社)に行って ワカ姫と供(とも)に 余生を過ごし、女意心(イゴコロ)を 守り 全うしなさい。 私も トヨケ埋葬の この地 マナイガ原で サルタに穴を掘らせて 罷(まか)ろうと思う。 我はトヨケと 男(オセ)の道を守らん。これ 伊勢(いせ)の道なり」と、のたまい 洞(ほら)を閉じさせました。                                       



終り

出典 ホツマツタエ    (国立公文書館蔵)
秀真(ほつま)政傳紀 (和仁估安聰訳述)
訳  高畠 精二
http://www.hotsuma.gr.jp/aya/aya01.html

by 史郎