伊那の谷から古代が見える
  歴史に 【吾道家】 が登場する瞬間です。 
  阿比留草文字で書かれた社伝記が、大御食神社に残されていた秘密が明かされています。


『 先代旧事本紀大成経 』
神 代 皇 代 大 成 経 序 (かんみよすめみよのおほいなるつねのりのついでぶみ)
 の 本文翻刻です。 

阿智家に関する部分を 記します。




【前段解説】
 推古天皇の言葉として記され、聖徳太子が奏上するには「わが国は 神国であり 天皇は 日の神の子孫である」と 述べる。そして神徳が盛んな時は 国は豊かゆえに 神道と 国家皇政の道が不可分であると 説く。
 しながら 神代は 年々が過ぎて いくごとに隔たり、先皇の行跡は 日々が過ぎて いくごとに 隔たるが、それは 「近世の史家(このごろの ふみつかさ)は、或いは秘し、或いは偏りて 而も 私無きことを得ず。」と 警告をする。
 それゆえに「天皇は、先代にあった出来事を 忠実に記して、後の天皇の永久の鏡として、それと 違わない法を 定めなければ ならない」と上宮太子は 訴える。


【続き本文】
 曰く、「皇太子の 慮(おぼ)す所、是又 朕恒の 慮す所也。 願わくは 大王、之を 権度。」
 即ち 大臣蘇我馬子の宿祢に 命て、内つ文、及び
吾道・物部・忌部・占部・出雲・三輪 六家の、祖神先つ人の 之を 録せる書記を 集めしむ。 中臣の御食子に命して、大臣と 与に 著録 を 奉行しめ下ふ。

【本文解説】
 これを聞いた 私(天皇)は 次のように 答えた。
「上宮太子の御意見は、また自分も兼ねて思慮していたことで ある。 どうか 大王上宮太子よ、御配慮なさって下さい。」と。
 そこで太子は、蘇我馬子の宿祢に 命じ、朝廷にある記録と、吾道・物部・忌部・占部・出雲・三輪の 六家の、祖先人のことを記した 家蔵の記録を 集めさせ、また 中臣御食子に命じて、馬子大臣と共に 歴史の編纂をおさせになった。

 ・・・・この後 上宮太子は、集めた記録をご覧になってこう言われた。
「神代の事を見ると まだ 全く分明ではない。隠し文があるのではないか」と。
 忌部と占部が答えるには
「記録は 惜しんでないが、磐余彦天皇の御代に 本の祠に安置した、祖神の土笥(はにはこ) があります。」 という。
 平岡宮(忌部氏縁の社)と 泡輪(安房)宮から賜った 土簡五十筒の土笥は、上宮太子に 献上された。
そこには 神代の出来事が すべて明らかに 記されてあった。


  ・・・・以下 略



by 史郎