| HOME | 美しの森社伝記 | 美社神字解 | 社伝記翻刻文 | 古代文字便覧 |
 日本最古の社家 小町谷家 系図 
| 高皇産霊神 | 天思兼尊 | 和歌姫 | 吾道家 | 手力男神 | 赤須彦 | 住吉神 |社家 |





神々の系譜に繋がる大御食神社の社家
吾道家の起こりと赤須彦(社家)の系譜


阿比留草文字で記された「ひふみ祝詞」を考案したといわれている高皇産霊尊の子・思兼尊(阿智彦)は、天照大御神の妹・和歌姫と共に紀ノ川の辺に移り、その後野洲川の辺で過ごした後、神上がりして伊那洞(河合の陵)に、表春命により祀られた。
これが吾道家の起こりである。
阿智彦と和歌姫の仲人をした住吉神(底筒男命・中筒男命・表筒男命)も、共に伊那の郷に来た。(御坂神社に奉られている。)
覇権の移動に伴い、吾道家は戸隠へ移還され、阿智宮及び戸隠社は 藤原・延暦寺, 日枝神社関係に 変えさせられた。
大御食神社は小社ゆえに、覇権の横暴から逃れたが、天明の火災で 古史古伝書は焼けてなくなり、かろうじて社伝記の写しが残った。
おそらく神官家には、神代文字の古伝書が 多数在ったに違いない。




赤須彦 吾道家

神代文字(阿比留草文字)で書かれた美女ヶ森年代記には、どう記されているのか?



『先代旧事本紀 大成経』
「神代皇代 大成経 序」 により、現代に蘇った吾道家。
古代の秘密を伝える六家の一つの名家だった。

神官家 〔采女邸(うねめやしき)と呼ばれる〕

赤須彦

小町谷兵衛 ( 吾道常萬 : 赤須彦の五十五代孫 ) 永禄三年(1560)吉田家に謁見

大和正常言 ( 赤須彦の六十三代孫 )

小町谷八玉彦 (常宣、 1819-1899  赤須彦の六十四代



天表春命後裔 吾道津彦の五十五代孫 小町谷兵衛(吾道常萬) 永禄三年(1560)三月 謁見せしもの八代にて 連綿六十四代なり
天保十三年吉田家に謁見し大御食神社神主裁許せらる(吉田家)
明治6年赤須村美女ヶ森大御食神社祠官被申付(筑摩県)

小町谷迦賀彦 ( 小町吾加賀 吾道延宜  1857-1905  赤須彦の六十五代  

赤穂学校の初代校長

小町谷常是 ( 1892-1973  赤須彦の六十六代


小町谷迦賀彦長男 昭和三十二年より大御食神社宮司
赤穂学校校歌の作詞者

神 々 の 系 譜

天思兼尊




『先代旧事本紀 大成経』
「神代皇代 大成経 序」 により、現代に蘇った吾道家。
古代の秘密を伝える六家の一つの名家だった。

手力男命
工事中




読み取れる注目すべき事項と、今後の検討課題

1
2

神代文字で書かれた『ホツマツタエ』に、阿智彦の生い立ちが 録されている。
吾道家は、先代旧事本紀に 神代文字で書かれた 古史古伝書(祖神先つ人の之を録せる書紀)を持っていた 六家の中の 一家と 録されている。
3
4

5


6
古代からの豪族に残されていた 古史古伝書は、焚書に遭った。(阿智家も)
阿智宮の近くに、和歌姫と阿智彦の仲人(ハシカケ)をした 住吉神(カナサキ)が奉られた、御坂神社がある。
美社神字録に記された時期の最後は、阿智宮の関係者が 戸隠に移った時期と 同じである。   ・・『神字録』は天歴5年(951)のお祭りの行事で 終わっており、阿智神社が 戸隠へ移還いたのも 天暦年間(943~956)である。
天武・持統天皇の、信濃 行宮計画との 関係は?
7


8

9
10

水内社の廃退と 善光寺の 伊那の郷からの 移転との 関係はないか? 
善光寺平では、7世紀末から 10世紀前半に 何らかの 動きがあった。
光前寺にも 10世紀頃の 記録が 残っていない。
藤原氏は 光前寺・仲仙寺・瑠璃寺を置き、伊那谷を 支配したが、藤原摂関家の 覇権成立との 関係は? 
阿蘇氏系図との 関係は?
神武天皇の子、神八井耳命(かむやいみみのみこと)-多朝臣・阿蘇国造・科野国造・火国造等の祖- の 記録との 関係は?

伊那谷は文化果つる地と言った人がいます。 ところが一歩踏み入れるとそこには古代から連綿と続く歴史が根付いているのです。 
文化は歴史の上に花咲きます。日本の古代の歴史を再発見しようとサイトを立ち上げました。
信濃國 伊那郷里 在
椒棲庵 伴崎史郎












トップへ
   

当HP内の記事写真等の
転載・引用は、フリーです。
 

  (引用元を ご明示ください)
by 椒棲庵 史郎