伊那の谷から古代が見える
 八意思兼尊(阿智彦)の 生い立ち 生涯が明らかになる。 後に物議を醸す「先代旧事本紀 大成経」などから、吾道家の存在が明らかになる。
 しかし、10世紀 村上天皇の御代、吾道家の社家は戸隠神社へ移遷してしまう。 伊那谷に何があったのか? 中世日本の歴史が見えてくる。


(おお)()() 神 社

【概況】
日本の屋根、中央アルプスと南アルプスに挟まれた伊那谷。
そのほぼ真ん中の、駒ヶ根市 赤須の里に 「美女ヶ森」 がある。


大御食神社(おおみけ神社)は、鎮守の森「美女ヶ森」の中に 二千年の歴史を抱いて、
厳かに佇んでいる。



正面 鳥居


拝殿


本殿


御蔭杉(参代目)
文徳天皇天安二年(858年)春 氏子百数十人により 杉の植継行われた。
七日七夜 歌い舞の宴を張り大祭を行いしと記され伝えられる。



【名 称】  
美女ヶ森  大御食神社 ( おおみけ神社 )

【御祭神】  
日本武尊
宮簀姫  またの名を 厳郎姫・五郎姫 (イツイラツヒメ)
八幡大神 (譽田別命・応神天皇)

【由 緒】 
景行天皇の御代、日本武尊東征の帰途、里長赤須彦の饗を受け三夜を同地に過ごし、赤須彦彦に御食津彦の名を賜る。
景行天皇48年(118)、赤須彦が日本武尊を祀り、大御食ノ社(おほみけのやしろ)と名付る。
応神天皇36年(307) 7月22日、熱田の草薙の剣の霊代と 美女社の宮簀姫とを迎え地名を 『 美しの社 』 とする。
元慶 3年(873) 石清水八幡宮から八幡の神を迎え、日本武尊と宮簀姫(五郎姫)を相殿に奉斎。
明治五年 郷社に昇格
昭和42年 神社本庁より 献幣使 参向指定神社となる。

【施 設】  
本殿
景行天皇 48年(118) 創建
久安 5年(1149) 本殿建替 吾道直賢木代
応永 2年(1395) 本殿建替 吾道狭称麿代
寛文 7年(1667) 本殿建替 小町谷摂津守代
享保18年(1734) 本殿造営 
元治元年(1864) 本殿建替 小町谷筑後守代
         諏訪の名匠 立川流 立木音四郎 作。
         (現在の本殿)
拝殿
大正 9年(1920) 大工小口平四郎・矢崎貞之

【境内社】
御渡社 
建御名方命・橘姫命・上古地主神(産土~)
御継社 
伊弉諾命伊弉冉
      天之御中主神・高皇産霊神・神皇産霊神
御食津彦社 八意思兼尊御食津彦
植継社(植継大明神) 
吾道赤須彦
二木社
山神社
山の鼻社
富士社
真澄神社

【文化財】
古代神像
 
日本武尊 木彫立像 (平安時代作)
日本武尊・八幡~・宮簀姫(五郎姫)木彫座像
 (御神体) 寛延3年 飯田仏師 井出右兵衛運正作
大陣太鼓 近藤織部祐(旗本)献納
石狛犬 元禄11年 下平村堀内兵次八寄進
石の鳥居 明治23年 石工北原久平
灯籠 文久6年 慶応戊辰年
石灯籠 享保4年

年代記 杉板に書かれた古代文字の社伝記
西行の書(伝) 菅江真澄(すがえますみ)(1754-1829)の随筆に 『西行法師が大御食神社の神主の所に立ち寄って書いたものを残している』 という話しが紹介されてる。
獅子舞

【御神木 御蔭杉】
上古の時代 建御名方命が国造りの時 奇杉なりと愛で給い、景行天皇の御代、日本武尊東征の帰路、赤須彦この杉の大樹の元 仮宮を設けて尊を迎え 酒餞を饗せし時 尊 大に悦ばれ、この杉の樹陰 清々しく弥栄えて丈高く 奇杉なりと 愛で給いぬ。
以来 この杉を 御蔭杉と称せしと 神代文字社伝記に 記しあり。
神功皇后4年(204年) 杉枯れたにで 翌5年春 中枝の大虚に育った実生の杉の植継を行いたり。
文徳天皇斉衛三年五月 御蔭杉枯れたりしたため 同天皇天安二年(858年)春 上下伊那より氏子百数十人により 杉の植継行われ 七日七夜 歌い舞の宴を張り大祭を行いしと記され伝えられる。

現在の御神木 御蔭杉は その時植えられたもので 樹齢千百年余りを経ている。


by 史郎