伊那の谷から古代が見える
 八意思兼尊(阿智彦)の 生い立ち 生涯が明らかになる。 後に物議を醸す「先代旧事本紀 大成経」などから、吾道家の存在が明らかになる。
 しかし、10世紀 村上天皇の御代、吾道家の社家は戸隠神社へ移遷してしまう。 伊那谷に何があったのか? 中世日本の歴史が見えてくる。


大 御 食 神 社(おお み け じんじゃ)



大御食神社のこと


信濃國 伊那郡 赤須ノ里に、 鎮守の森・美女ヶ森があり、森には景行48年(西暦117年)創立の大御食神社が二千の歴史を込めて佇みおり、古代文字で書かれた社伝記を伝えている。
社伝記「大御食ノ社 年代記」を解読した落合直澄は 「美社神字」とし、また近年 吾郷清彦氏はこれを「美しの社物語」と題して著書で紹介、全国に知られるようになった。 
年代記の内容は、日本武尊が東征の帰途 赤須彦から接待をうけ 娘「押姫」と三日三夜過ごしたこと、大御食神社の創立の様子、植継ぎされている御蔭杉のこと、千年前の農事「稲虫送り」の様子など、景行41年(AC111)から、村上天皇(943-956)の御代までの約840年間の出来事が明確具体的に、神代文字の『阿比留草文字』で記されており、これに則って神社の行事祭典等が行われている。
しかしながら関係者は、その伝統を否定するかの如くに社伝記を偽物として世に出すことを拒み且つ、高皇産霊神の末裔である社家から神社の運営を切り離したまま現在に至っている。
今年(2011)は神社の創立1894年にあたり、6年後の平成29年(2017)には創立1900年を迎える。
創立 1900年を前に、本来の姿に戻ることを願う者である。   
史郎 拝   



1,概容

大御食神社はこの 古代文字で書かれた社伝記”美社神字録”の由緒によって、二千年の歴史を刻んできています。 
しかし その寄るべき社伝記を、まるで忌み嫌うかの如くに隠蔽し、祟りでもあるかの如き扱いをしている 現在の歴代関係者の姿勢は、批判されねばなりません。
社伝記の真贋を 無意味に問わず 隠し、しかし その伝統に寄りかかる姿は、大御食神社の正統性をこそ 踏みにじるものであるからです。
お宮の役員及び関係者らは 何も分からぬままに、お宮の伝統に対して真摯に対峙する姿勢を示す事が出来ないとしたら、また自らの立場を 懐疑逡巡しているとしたら、お宮を 潔く神官家に返上すべきでしょう。

2,赤須彦
社伝記では以下のように記しています。
「吾はこの国の魁師、阿智ノ宮に齊い祀る、
思兼ノ尊の子 表春の命の裔、阿知の命の御子阿知山の裔の別裔、赤須彦なり。」
古事記によると、
『天地初發之時。於高天原成神名。天之御中主神。次高御産巣日神。次神産巣日神。』
「天地が初めて分かれた時、高天原に成り出でた神の名は、天之御中主(アメノミナカヌシ)神。次に高御産巣日(タカミムスヒ)神。次に神産巣日(カムムスヒ)神。」
とありますが、二番目に成り出でた神・
高御産巣日神(高皇産霊神)の息子が『八意思兼尊』で、その子が手力雄命、表春命です。
そして、赤須彦は自ら、
思兼尊の子・表春命末裔であると言っています。
すなわち大御食神社は、神々の系譜に連なる、由緒あるお宮なのです。

3,日本武尊
大御食神社は、日本武(ヤマトタケ)尊の名付けたお宮です。 
それ故に、日本武尊についての考察も大切であると思われます。
日本武尊の東征の足取りは、神社伝承からかなり明確に分っています。
後の坂上田村麻呂などの蝦夷征伐とは、根本的に違いがあります。
すなわち日本武尊はこのとき、出雲の神々や高皇産霊神ファミリーを従えて、文字通り「蝦夷等言向け平和(やわし)給ひ」て来たのですが、坂上田村麻呂らは大和朝廷の蝦夷征伐そのものでした。
古代史が今ひとつ分からないのは、大和政権誕生前の倭国の姿を神代でくくっているところにありますが、日本武尊も大御食神社も大和政権以前の歴史を物語っています。

4,古代文字
大御食神社の社伝記に書かれた古代文字は、「阿比留草文字」に分類(一部「阿波文字」が混在)されています。 
この「阿比留草文字」は、甲骨文字が発達する過程の金文の草書体であり、解読も出来ております。
甲骨文字の発見は、1899年(明治33年)ですから、社伝記が解読されたよりは後です。 
また古代文字の真贋論は、無意味な皇国史観論争に巻き込まれ、無駄な時間を費やしております。

5,伊那谷から見える古代史
古代文字で書かれた社伝記”美社神字録からは、多くの史実が読み取れます。
その史実を読み解くと、真実の古代史が見えてきます。

・ 地名(里名),
・ 日本武尊の 呼び方は 『ヤマトタケの尊』, 等々


by 史郎