伊那の谷から古代が見える
  


美女ヶ森昔時年代記


杉板に阿比留草文字で書かれた「昔時年代記」




美女ヶ森の神代文字に付き伊那懸廳へ差出せし口上書



美女ヶ森大御食神社社傳記の儀は、神主代々繼目致し、登京歸宅の砌、三七日致
潔斎開封拜讀仕候、然共異形の字躰に候故、讀者曾て無之、得聡明之人、可讀明と申傳へ候處、天明二寅年八月廿二日夜、本書致焼失候へ共、幸に寫本有之候而、今尚存在所持仕候
今般復古御一新の折節、明治二年巳年正月、諸社由緒可
書上御觸有之候間、申傳而巳書上候處、同年四月中、將又傳記之御尋有之候間、致潔斎、五月八日社之傳記入一覧候處、落合直澄(伊那懸大參事)殿、具に被解讀、從往昔之傳説誠に明かに相成候而嬉々煌々難有奉拜讀候、則奉~前且考古者の氏子にも爲申聞候以上
  明治三年庚午年正月十日
                 小 町 吾 加 賀 
                   吾 道 延 宜 

   伊 那 懸 御 役 所



右口上書にある落合直澄は國學者にして當時伊那懸(本郡飯島村)に出仕せる兄落合直亮の許にあり而して當時の別冊に寫し直澄自ら神代字の傍に訓を施し漢字を當て所々考證を施したるもの有之候
   昭和十年一月二十七日
                     郷社大御食神社社務所



なお 美社神字には、落合直澄(一平)解説と、谷森善臣解説の二冊がある。

落合直澄
(おちあい なおずみ)
天保11年〜明治24年(1840-1891)
豊受大神宮禰宜。出雲大社少宮司。大教正。国学者。

谷森善臣(たにもり よしおみ)
文化14年〜明治44年(1818-1911)
国学者。天皇の近侍である内舎人(うどねり)家の出身。伴信友の門下。





日本古代文字考 落合直澄著


信濃國伊奈郡赤須村美女森神社古字。阿比留草体字及阿波字等ヲ以テ記セリ。

此文字ハ倭建命東夷征伐ヨリ帰途此地ニ立寄ラセ賜ヒシ事跡ヨリ天暦頃マデノ事ヲ記セリ。明治二年我兄直亮伊奈懸大参事タリシ時己モ彼の所ニ遊ビテアリシガ同懸主記青嶋貞賢五嶋廣高等ト彼社ニ至リテ神官小町谷氏ヲ責メテ古字ヲダサシム。
直登之ガ訓解ヲ加ヘムト甚苦シメリ。然レドモ暫意ヲ解釈スルヲ得タリ。
是ヨリ美女神字世ニ現レタリ。
假字ノ違ヘタル或ハ文ノ拙キ所ナドアルヨリ種々ノ説モアレド別二考アリ。

百年バカリ以前本書焼失シテ今ハ新調ノ板ナリ。
是ノミ遺憾ニ堪ヘザルナリ。


社伝記解読書を見る

by 史郎*